津軽百年食堂のモデルでおなじみ三忠食堂本店の津軽そば(弘前市)

老舗食堂の町に溶け込んでる感最高だよね。

三忠食堂本店(さんちゅうしょくどう)

明治40年創業の弘前さくらまつりの出店や映画「津軽百年食堂」のメインロケ地でお馴染みの津軽そばが名物の大衆食堂です。

場所は弘前市駅前から和徳町方面に進んで結婚式場フォルトーナをこえてしばらく進むと右手に見えてきます。

駐車場はお店の横に複数台駐車できるスペースがあるのでそちらに駐車してください。

メニューはこんな感じで焼干しを使用したスープの津軽そばや中華そば、あとおにぎりなんかがあります。

店内は所狭しと弘前ねぷた関連のものや津軽百年食堂のサインやらが飾ってあって待ってる時間も退屈しませんでした。

津軽そば573円

丁寧に下ごしらえをしてふんだんに使用した臭みのない焼干しと昆布が優しく香るあっさりながら深みのあるスープがとても美味しかったです。シンプルな具材も潔くてナイス。

津軽そばはコシが殆ど無いのが特徴で麺リフトがなかなか難しいです。

通常のそばはつなぎに小麦粉が使われていますが、寒さで小麦粉を作るのが難しいために代わりに大豆をつなぎとして使っています。そして熟成させて茹で置きが基本です。

完成まで3日ほど熟成させているのでそばの風味が段違いです。

チャーシューメン810円

焼干しと昆布出汁の津軽そばよりも甘みのあるスープが柔らかめの中太縮れ麺と良く合っていてとても美味しかったです。歯ごたえがあるチャーシューが食べごたえがあって昔ながらの味で箸が止まらなくなります。

お店にはレンゲがないのでスープを飲むときはどんぶりごと行きましょう。お店中どんぶり持ってスープを飲む姿が微笑ましいですね。

お店情報

住所   青森県弘前市和徳町164

営業時間 11:00〜20:00

電話   0172-32-0831

定休日  火曜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA