【レビュー】コンセントから直なモバイルバッテリーAnkerのPowerCore Fusion5000は旅行に家に大活躍です

  • モバイルバッテリー本体の充電を忘れてしまいがち
  • 荷物はできるだけ少なくしたい
  • どのモバイルバッテリーが良いのか分からない
そんなあなたにはコンセントに直接差して充電できるAnkerのPowerCore Fusion5000がオススメです。

このモバイルバッテリーを使う事で荷物を減らしつつ本体の充電忘れもなくなると言う一石二鳥なガジェットです。それでは早速。

PowerCore Fusion5000 レビュー

角が丸まってコロっとした四角形の本体。シンプルで無駄がなくつい持ち歩きたくなる手に馴染むデザインですね。カラーバリエーションはマットな質感のこちらのホワイトとブラック、そしてレッドの三色展開です。

容量は5000mAhでiPhoneなら2回弱くらい充電できるので普段使いや旅行でにちょうど良いサイズ。

コンセントに直接差して充電できる

このバッテリーの他とは違う一番の特徴は何と言っても本体にACアダプターが付いているので直接コンセントに差して充電できると言う点です。

そのためバッテリーを充電するためのケーブルとアダプターを持ち歩く必要がなくなります。最高ですね。

充電用のポートはUSB-Aポートが2つでスマホとタブレットを同時に充電できます。Anker独自技術のPowerIQにより急速充電にも対応しているので充電時間も短縮できます。

モバイルバッテリー本体の充電忘れを防止できる

モバイルバッテリーを使用していて陥りがちな状況として、バッテリーを持ってきたは良いけど充電するの忘れてたみたいな(笑

さらに出先でコンセントに差すACアダプターも忘れたとなると目も当てられません(笑(笑

しかしこのバッテリーならACアダプターが付いているのでACアダプターとマイクロUSBケーブルケーブルを持ち歩く必要がありません。やったぜ。

スマホの充電時には同じくAnkerのPowerLineがオススメです。ケーブルは光沢のある高耐久ナイロンを使用していて耐久性にこだわっていて、特にケーブルの付け根部分が補強されているので強度抜群です。

 

そしてスマホの充電をしつつ満タンになると自動でモバイルバッテリーの充電に切り替わってくれるので差しっぱなしにして寝たら朝にはスマホもバッテリーも満タンになっているのでそのままカバンに入れてしまえば充電忘れを防止できます。ナイス。

PowerCore Fusion5000 まとめ

普段使いや小旅行に使いたくなるACアダプター内臓のPowerCore Fusion5000なら、バッテリーの充電忘れとアダプターを持ち歩く煩わしさからさよならできますよ!

メリット

  • ACアダプターとマイクロUSBケーブルを持ち歩く必要がない。
  • バッテリー本体の充電忘れを防止できる
デメリット
  • アダプター内蔵のためバッテリーサイズの割に容量が小さめ
コンセントに直で即充電ができる便利さをぜひ体感してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA