花菖蒲が綺麗な森の中にあるお寺浄仙寺。(黒石市)

最近お寺めぐりが趣味になりつつある今日この頃。そろそろ御朱印帳を買うべきでしょうか・・・(笑

浄仙寺(じょうせんじ)

浄仙時は黒石市にある黒森山の中腹に文永7年(1824年)に是空行者によって開山されたお寺です。

森の中に散策道があり文学碑が数多く置かれている事から文学の森ともいわれています。

場所は黒石インターを十和田方面に向かい、ル・グレや中野紅葉山がある国道394号線をしばらく進むと左手に浄仙寺の看板が見えます。

駐車場はお寺の前に駐車スペースがあるのでそこに駐車してください。

入り口の階段が大きくて急です。

かなり大きな草履が。中の仁王像もかなり足が大きいです。是空も背が高かったのでしょうか?

門をくぐると一気に空が広がります。

本堂です。渋い。

花菖蒲が有名なそうで時期には一面花菖蒲が咲いて綺麗なそうですが、まだ3分咲きくらいで時期には早かったようです。

ゴ~ン。

文学の森から見た花菖蒲池。

とてものどかで落ち着けるお寺でした。人もあまりこないちょっとした穴場スポットなのでおススメです。

境内にあるお茶処松楓亭でコーヒーと揚げたてドーナツを楽しみに来るのもアリですね。

お寺・神社情報

住所   青森県黒石市南中野字黒森下84-3

電話   0172-54-8644

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA