台湾旅行に持っていったモノ

台湾旅行に持っていたモノ、便利だったモノを紹介します

投稿日:




3泊4日の台湾旅行に行ってきました。

台湾旅行の荷物

台湾旅行に持っていったモノ

写真に写ってないのも一部ありますが大体こんな感じのをパッキングして持っていきました。

とにかくバックパックに服を詰め込んで必需品をサブバッグに集約、ホテルで使うアメニティ類をバックパックの細かいポケットに収納する事で余裕を持ってパッキングできました。

実際に持っていたモノ(3泊4日)

台湾に持っていったモノ

※一部写真に無いのもありますが気にしないで下さい(笑

・バックパック:ボーラホリックのCITYバックック(25リットル)

持ってるカバンがコレだけだったので・・・バスケ好きにはおなじみのボーラホリックです。ノートPCを収納するスペースや小物を収納できるポケットなど機能的です。個人的には四角いフォルムがお気に入りポイントです。

必需品

・パスポート

・Eチケット

・財布:モンベル(mont‐bell) スリムワレット メッシュ チャコール CH

海外旅行用の財布ならコレがおすすめです。紙幣、小銭、カード3枚が収納できてとてもコンパクト。そして1000円以下と安い。

・iPhone

・海外用Wi-Fi:SakuraMobile

4G 680円/日で使い放題のオトクなポケットWi-Fiです。

・クレジットカード×2

・メモ帳、ボールペン

入国カードを書く時や筆談時に必要です。

・腕時計:Nixon Ranger40

・折り畳み傘:KiU Air-Light standard

スコールなど突然の雨にも対応できるように折りたたみ傘を用意しましょう。特に天気が変わりやすい九份に行くなら必須です。たたむと30センチ以下になるコンパクトなこちらがおすすめです。

・サブバッグ:NIKE ナップサック

本体自体が薄くて軽く、安くてたくさん入るのでナイスです。観光は機動性重視でリュックタイプがおすすめです。

衣類

・オープンカラーシャツ×1

・Tシャツ×3

・靴下×2

・ズボン×2

・ハーフパンツ×2

・パンツ×4

・UNIQLOポケッタブルパーカ

真夏の台湾の屋外はとても暑いですが、それに比例して屋内はキンキンに冷房が効いているのでしばらくすると寒くなってきます。そんな時にサっと羽織れるものがあると安心。安くてコンパクトに収納できるのでおすすめです。

・圧縮袋:【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 M 10枚組 日本製 旅行 旅行用

・mont・bell ロックオンサンダル コンフォート

旅行中スニーカーは持って行かないでずっとサンダルで移動してました。さすがにスニーカーに比べたら足は疲れますが、サンダルなら突然のスコールでも安心です。

モンベルのロックオンサンダルコンフォートの全貌
【レビュー】モンベルのロックオンサンダルコンフォートは履き心地がクセになるスポーツサンダルです

続きを見る

アメニティー類

・1回使い切りのシャンプー、トリートメント×3

・洗顔、ボディーソープ、化粧水

シャンプー、トリートメントは使い切りを日数分、洗顔、ボディーソープ、化粧水は小分けのボトルに入れて機内持ち込み用の袋にまとめます。シャンプーやらは大体ホテルに備え付けがありますが、異国の匂いで馴染めない場合もあるので使い慣れてるヤツを持っていきましょう。

・携帯歯ブラシセット

・ワックス

・アミノバイタル

長時間歩いて疲労が蓄積してもアミノバイタルを摂取すれば次の日の疲労感が全然違います。

・ウエットティッシュ

夜市など食べ歩きのタイミングで便利。

・顔拭きシート

・水に流せるポケットティッシュ

観光地のトイレは紙が無いパターンが結構あるのでティッシュは多めに持った方が良いです。もしくは芯を抜いたトイレットペーパー。

・メガネ、コンタクト

・目薬、リップクリーム

飛行機の中は乾燥しているので保湿大事です。

ガジェット類

・カメラ:NEX-5R

結構古い型なのでスマホのカメラの方が画質は良かったりするんですがカメラを構えて撮るのが楽しいのでいつも持ち歩いてます。

レンズはEマウントの薄型広角レンズにウルトラワイドコンバーターのかなり広い画角で建物全体を撮りやすいセットです。

・カメラ用予備バッテリー

・モバイルバッテリー:Anker PowerCore Fusion 5000

本体にACアダプターが付いているのでコンセントに直で繋いで充電しつつスマホも充電できるのでとても便利。

【レビュー】モバイルバッテリーAnkerのPowerCore Fusion5000は旅行で大活躍!

続きを見る

・ライトニングケーブル:Anker PowerLine

普通のライトニングケーブルの数倍の耐久性のタフで頼れるケーブルです。

・南京錠:ABUS可変式南京錠

ダイソーで買ったヤツを付けていたのですが手で引っ張ったら壊れてしまったので規格にあった良いヤツを用意しましょう。防犯対策をしっかりしてスリにあいつからは盗れないと思わせる事が大事です。

当日着て行った服を含めるとこんな感じの荷物になりました。

サブバッグを含めて重量は6キロで、タイガーエア台湾は機内持ち込み10キロまでなので結構余裕がありました。

台湾観光時の荷物

台湾に持っていったモノ街ブラの荷物

台湾観光時はNIKEのナップサックに

・パスポート

・メモ帳、ボールペン

・財布:mont・bell スリムワレット メッシュ

・折り畳み傘:KiU Air-Light standard

・腕時計:Nixon Ranger40

・UNIQLOポケッタブルパーカ

・モバイルバッテリー:Anker PowerCore Fusion5000

・ライトニングケーブル:Anker PowerLine

・台湾用ポケットWi-Fi:SakuraMobile

・ウエットティッシュ

・顔拭きシート

・水に流せるティッシュ

・目薬、リップクリーム

・台湾で買った龍角散

を入れて首にカメラを掛けて観光していました。

普段はそのまま背中に背負って移動しますが夜市など人通りの多い所では前にかけるなどして防犯対策します。

まとめ

調べてみるともっと軽くて旅行向けのバックパックがあったり通気性の良いウエアや細々したものをまとめて入れるポーチなど旅で便利になりそうなモノがたくさんあったのでアップデートして快適な旅をできるようにしていきたいです。







おすすめ記事

  • この記事を書いた人

アシュラ

青森県出身アラサー男のアシュラです。 青森県を中心にグルメやイベント情報の紹介をメインに日本語ラップや趣味の話題など好きに書いています。

-

Copyright© スクリーン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.