龍山寺の引きの画

台北最大のパワースポット龍山寺はライトアップが見れる夜の参拝がおすすめです

更新日:




台北最大のパワースポットであり人気観光地の龍山寺に行ってきました。日中に行くとツアーの観光客でかなり混み合っている事が予想されたのでどうしようかと悩んでいたら、なんと夜にライトアップしていると言うじゃありませんか!

夜なら観光客も少なそうだしあまり暑くないだろうしライトアップされた龍山寺も見れる!最高ですね。

龍山寺(ロウシャンスー)

龍山寺の本堂をお供え物の奥から

中国大陸の福建省から人々が移住してきた当時は生活環境が悪く疫病が流行した事から、神のご加護と平安を祈る為に1738年に建てられた仏教寺院です。

本尊は聖観世音菩薩で第二次世界大戦の空襲で本殿が全焼してしまいますが、観音像だけは全くの無傷であった事から観音様の近くは安全だと信じられ空襲のたびに龍山寺に集まっていたようです。

アクセスは台北駅から2駅のMRT龍山寺駅の1番出口を出たら目の前です。

ライトアップされた龍山寺の様子

龍山寺の門

駅を出ると電光掲示板が付いた山門が。とても歓迎されていますね(笑

台北最大のパワースポットであり定番観光スポットなので昼はとても混み合いとても暑いですが、夜だと人も昼に比べて少ないのでゆっくり参拝できてライトアップも見れます。一石二鳥ですね。

龍山寺の山門

山門をくぐると三川殿(前殿)です。中殿(本殿)を囲むように三川殿と後殿が配置された不思議な造りでした。

三川殿には右側に龍門、左側に虎門と言う2つの出入り口がありますが、入るときは右の龍門から、出る時は左の虎門からと決まっているので注意です。

龍山寺の本殿

右側の龍門から入ると中殿です。ライトアップされた中殿はとても荘厳で迫力がありました。

龍山寺の引きの画

夜でも熱心にお祈りをしている方がたくさんいました。

お参りの手順を予習するのを忘れていたので日本式で手を合わせてきました。

龍山寺の本尊は聖観世音菩薩です

本尊は聖観世音菩薩ですが三川殿や後殿では学問の神文昌帝君や商業の神として関羽、月下老人など道教、儒教の神や歴史上の人物など100を超す多様な神様を祀っていたり面白いです。

天上聖母や関聖帝君(関羽)などが左回りにズラッと祀られています

後殿の方に行くとズラっと仏神が並んでいます。それぞれご利益が違うのでお目当ての所で手を合わせましょう。

龍山寺の天上聖母

真ん中には漁業の守護神天上聖母が鎮座していました。

龍山寺はとにかく細部まで細かい

柱や天井にも装飾が施されています。

龍山寺の山寺の天井

三川殿の天井の模様すごいですね。

龍山寺の提灯も龍の柄

龍山寺の柱越しの本殿

鮮やかな装飾が映える昼の龍山寺も見てみたくなりました。

まとめ

龍山寺の本堂をお供え物の奥から

夜の龍山寺は

・観光客が少なく比較的空いている

・昼より涼しい

・ライトアップが綺麗

以上の理由から私は落ち着いて参拝できる夜がおすすめです。

次はちゃんとお参り方法を予習してから行きたいです。

龍山寺のお寺・神社情報

住所   台北市萬華區廣州街211號

拝観時間 6:00〜22:00

電話   +886-2-23025162







おすすめ記事

  • この記事を書いた人

アシュラ

青森県出身アラサー男のアシュラです。 青森県を中心にグルメやイベント情報の紹介をメインに日本語ラップや趣味の話題など好きに書いています。

-

Copyright© スクリーン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.